議会一般質問の前夜に

ぜひ読んでね。

「議会一般質問前夜に思う・・・。」

明日は午後1時から僕の一般質問です。
テーマは、
『ピンチをチャンスにして、地域に活力を生み出す!
~市の認定こども園の民営化と統廃合について~』
です。

一般質問前夜はいつもワクワクした気持ちになります。
議員になって一番最初にやった時はドキドキだったのに、いつの頃からかワクワクに変わりました。

なぜだろう?

少し考えてみた。

一番は、準備を重ねて、いい準備ができて、自分の願い、自分の本当に言いたいことが、自分の中で焦点が当たってきたことによるワクワク、そして後はそれに自分の気持ち・心をのせて言うだけだ、というワクワクでしょうか。

自分の願いに時間をかけて焦点を充てられること。
それを自分の暮らす大好きな安曇野の、その最も公の場で存分に言えること。
その喜びもあるかなあ。

そして言うだけでなく、その渾身の質問に市のトップである市長が応えてくれる。
市長はどんな答弁をしてくるんだろう?
というワクワクもあります。
今回も少し僕の好きなトリッキーなところあり。

議員はいい仕事だね、そんな思いに至ってるよ。
公職に就き、公金で働かせてもらっている以上、自己満足にならないように気をつけないといけないけどね。

なんてことをちょっと発信してみたくなりました。
でも、こういうのって、自分の仕事に向き合っている人なら、他の仕事・職種でも共通するかもしれないね。

明日は三郷小倉のことを語りますが、三郷小倉のことで終わらない、安曇野の他の辺境の地域、全国の過疎や人口減、活力不足で悩む地域にも、何か伝えられることがあるんじゃないか、
そんな思いでやらせてもらいます。

少し大げさだったかな。

議会傍聴、インターネット傍聴お願いします。
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/azumino/WebView/

関連記事: