地球宿ではときどき期間限定のカフェを開いています。

「今は子育てで忙しいけど、いつか将来、自分のカフェを開きたい。」
「安曇野で農的生活を楽しみながら、自分の育てた野菜でカフェをやりたい。」

そんなママ&ガールズたちが、地球宿を舞台にワンデイ・カフェにチャレンジしています。

今すぐに店を持てなくても、こうやって1日ですが夢が現実に実現するのです。
またその人一人だけでやるのではなく、旦那さんのサポートや友達、
地球宿に集まる仲間がサポートして、みんなでその人の夢を応援するコミュニティカフェです。

手応えを掴み、将来の夢が具体的に描けてきて、そして何より大いに楽しんで、
そしていつかお店をすることができますように。

そんな地球宿ならではのカフェ、これからもやっていきますので、オープンを楽しみにしていてくださいね。
今、これを読んでいるあなた、「私もやりたい!」 そう思ったら連絡ください。
一緒にワクワクドキドキしましょう。




これまでやったカフェ

♪親子カフェ&手仕事市(2008年3月)
 
 子育て中のママたちが集まって、親子で楽しめるカフェをオープン。
 1階カフェは友人竹内夫妻による『ディーバカフェ』。
 2階ロフトに手仕事市、庭では木工遊び教室も開いて、とっても賑やかな一日となりました。
 地球宿のカフェ第一弾になりました。

 様子→  日記より  イベントブログより  フォトアルバム


♪豆かふぇ『ビスターリ』&フィンランドカフェ『e-life』(2008年〜毎年11月に開催)

 毎秋恒例の安曇野スタイルネットワークに地球宿も参加し、
 その中で7つの豆を操る大浜えっちゃんの豆料理のカフェ『ビスターリ』、
 enkeliさんのフィンランド料理のカフェ『e-life』がオープンします。
 2人とも地元のママたちです。
 2階ロフトは仲間たち8人のクラフト展を開催。

 様子→  イベントブログより


♪HARUかふぇ(2009年4月)
♪冬かふぇ(2010年2月)


 地球宿の夕食を作ってくれている佐藤雅子さんによるカフェ。
 季節をテーマにした美味しい料理を提供してくれます。
 安曇野に移り住んで1年、ここで出会ったたくさんの仲間が、
 雅ちゃんのかふぇを支えてくれています。

 様子→  日記より  イベントブログより



♪ディーバカフェ(2009年4月〜12月)

 安曇野で自然農アドバイザーをしている竹内さんの奥さん裕子ちゃんによるカフェ。
 三郷小倉で開いているAZUMINO自給農スクールの月1回の開講日に合わせてカフェをオープン。
 スクール生だけでなく、一般の人も利用OK。
 
 様子→  日記より




カフェの様子