増田望三郎@安曇野地球宿です。
こんばんわ。今年最初の地球宿通信です。

♪春は名のみの風の寒さや♪の歌の通り、
安曇野は4月になってもまだ寒い日が続いていました。
ようやく今週になって春らしい陽気になり、
種まきした育苗温室も温まり、発芽を楽しみに待っています。

今年の冬は例年以上に寒く冷え込みました。
室内で普段は凍らないところが凍り、思わぬ出費もありました。
「昔はこれぐらいの寒さが当たり前だった。」
そう近所のおばあちゃんが言ってましたが、春がホンとに待ち遠しかったです。
周りには昨年移住してきたファミリーが多いのですが、
初めての安曇野の冬、この寒さを乗り越えられれば大丈夫かな。


震災から1年が経ちました。
テレビで特集番組が放送され、それを見て今も尚、号泣する自分がいます。
津波被害地域のなかなか進まない復興状況、
原発事故における放射能汚染の解決の糸口が見えない状況。
人々の繋がりが再認識されているという報道の一方で、
当地からやってきた人たちから聞く、分断されていく人々の暮らしや心。
一見不自由のないこの安曇野での暮らしも、同じようなことが起こりうる。
この社会がどうあったらいいのか、自分はどう生きていけばいいのか、
簡単には答えが見つからない問いかけが続いています。


そんなことを心の片隅に抱きつつ、今年の農作業と宿シーズンが始まりました。
まずはブルーベリーの剪定と挿し木を行い、夏野菜の種を播きました。
さらに畑にトラクターをかけて定植準備。桜の開花は10日ぐらい先ですが、
ジャガイモの種芋も用意して、その時が来るのを待ちます。

静かだった地球宿も予約が頻繁に入ってくるようになりました。
春休みはライブやワークショップなどのイベントも続き、
進級・進学など新しいステージへ向う前の子どもたちも迎えました。

これまで3年間夕ご飯を作ってくれてた雅ちゃんが地球宿を卒業し、
今期は複数のママたちが曜日毎に作ってくれることになりました。
いろんな人たちが地球宿に関わり、成り立たせてくれます。
それぞれの持ち味を発揮した多彩な地球宿の新しい夕食、こちらもお楽しみに。
(※まだ引き続き週1回程度夕食づくりをできる人を募集しています。)

地球宿の新しい夕食づくり、始まる。
 ↓↓↓
http://www.plays.jp/adiary/diary2.cgi?id=boetu&action=view&year=2012&month=3&day=30#3_30


さて春になり、子どもたちもそれぞれ新しい生活のスタートです。
特に息子光君は先週小学校の入学式、新一年生になりました。
保育園に入った頃は特別な行事やイベントが苦手でよく泣いてましたが、
4年間の保育園生活で彼も成長しました。
さらに大きな群れの中に飛び込み、彼がどのように育っていくのか楽しみ。
新しくサッカー少年団にも入り、”やる気とチャレンジの春”です。

娘風。
彼女については、以下の2編の詩を読んで頂きたい。
4年生の3学期の国語の時間で詩を初めて作りました。

*************************

●タイトル:うちゅういっぱい  ペンネーム:うちゅう すい

 わたしは せかいをみれる 
 
 にほんでも アメリカでも 
 
 せかいじゅうなら どこでもみれる 
 
 
 かせいでも すいせいでも もくせいでも 
 
 ともだちも たくさんいる 
 
 だからまいにちが たのしい 
 
 
●タイトル:みんなのながれぼし  ペンネーム:ながれ ほし
 
 みんなが ねがいごとをいう 
 
 さんかい いう 
 
 でも はやいから かなえられない 
 
 
 それでも みんなは 
 
 かなえてくれる 
 
 だから たくさんながれたい 

************************

ここから親バカです。

なんと素晴らしい世界観。
僕の願う心の世界が風の感性とコトバで余すことなく語り直されている。
僕がどんなに驚いたか、そしてどんなに嬉しかったか分かりますか?(笑)
風のこれからが楽しみです。


悦子も10日で39歳になりました。
北アルプスの山々が美しく見える絶景のカフェレストランで2人で昼食。
その話の中で、
「今年は39歳。サンキューの年なので、感謝を一杯しようと思います。」
と語っておりました。
悦子と出会ったのが彼女が20歳の時。
彼女の人生の半分に僕が関わっていることになります。
そしてこれからその割合はもっと増えていく。
風もあと10年もすれば、悦子と初めて出会った年になっていく。
そんなことを2人で確認し合ったアニバーサリーランチでした。

じいちゃん、ばあちゃんも元気に暮らしを支えてくれています。
2月にジジババも連れて家族6人で僕の実家大分に旅行をし、
大分の両親とも久々に会いました。
両親が安曇野に移り住んできて3年、初めての旅行に連れていけました。

そんな増田ファミリーです。


これから桜が咲く安曇野。活動の季節が始まります。
今期はどんな出会いと喜びが待っているでしょうか。




長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。
読んでの感想やご意見・アドバイスをいただければと思います。
みなさんの近況もお知らせくださいね。

メール boetu@d6.dion.ne.jp